株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ソフトフロンが大幅続伸、リムラインに自然会話AIプラットフォーム「commubo」を提供 11月24日13時06分

 ソフトフロントホールディングス<2321.T>が大幅続伸している。この日の午前中、子会社ソフトフロントジャパンが、リムライン(東京都品川区)の「広域災害AIコールセンターシステム」に、自然会話AIプラットフォーム「commubo(コミュボ)」を提供したと発表しており、これが好材料視されている。

 地震や台風などによる広域災害が発生すると、保険・共済事業者には顧客からの問い合せが増大し、オペレータが足りず電話がつながらなくなるなどの事態が発生。それに伴いクレームの発生、顧客満足の低下、オペレータの疲弊による従業員満足の低下などのさまざまな問題が発生していた。リムラインは、これらの課題解決のために「広域災害AIコールセンターシステム」の提供を開始する予定で、同システムに「commubo(コミュボ)for コールセンター」や、電話業務を自動化するクラウドテレフォニーサービスプラットフォーム「telmee(テルミー)」が活用されているという。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」5位に日経レバ
興研が反発、医療用の陰圧デバイス3製品を東邦大学と開発
小田原エンジが急騰、EV関連人気に乗りストップ高


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »