株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=ITメディア、DX時代の変身株に 11月24日10時02分

 アイティメディア<2148.T>の戻り相場に期待したい。10月14日に3070円の上場来高値形成後、11月9日には3040円の戻り高値をつけた。その後は大口の利益確定売りが出て、マドを開けての急速な調整局面に遭遇したが、既に売り物は一巡し戻りのタイミングをうかがう。

 IT系を中心としたニュースサイトを運営するほか、「ねとらぼ」をはじめとした非IT系メディアの育成も進めている。ネット上でBtoBの「見込み顧客」を発掘して営業機会の創出を支援するリードジェネレーション事業が好調で、バーチャル展示会などがかつてない規模に拡大するなど追い風が強い。21年3月期業績は最終利益段階で従来予想の9億5000万円から11億2000万円に上方修正し、前期比44%増の大幅な伸びを見込む。

 企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みが加速するなか、ソフトバンク系のオンラインメディア企業として既に株価は大きく居どころを変えているが、中期的な上値期待はなお強く、26週移動平均線をサポートラインに強気に対処したい。(桂)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東エレク1700円超の大幅高で上場来高値更新、SOX指数が最高値
F-ブレインが反発、大塚商会と購買基本契約を締結◇
アサンテが安い、株式売り出しによる需給悪化を懸念


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »