株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

国際石開帝石など石油関連株が高い、WTI価格は一時45ドル台に上昇◇ 11月25日10時48分

 石油関連株が高い。国際石油開発帝石<1605.T>が一時、前日に比べ6%強上昇したほか、ENEOSホールディングス<5020.T>や出光興産<5019.T>が値を上げている。24日の米原油先物相場はWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)の1月限が前日比1.85ドル高の1バレル=44.91ドルと上伸。一時、45.20ドルまで上昇し3月初旬以来となる45ドル台に乗せた。新型コロナウイルスに対するワクチン開発への期待が膨らんだほか、トランプ米大統領が民主党のバイデン氏への政権移行手続き開始を容認したことで安心感が広がったことも原油相場の上昇要因となった。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
25日中国・上海総合指数=寄り付き3417.5150(+14.6925)
アクロディアが3日続伸、PCR検査サービスのパートナーとして錦秀会と業務提携
25日香港・ハンセン指数=寄り付き26819.96(+231.76)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »