株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(前引け)=大幅続伸、米株主導でリスク選好の流れ続く 11月25日11時43分

 25日前引けの日経平均株価は前営業日比416円39銭高の2万6581円98銭と大幅続伸。前場の東証1部の売買高概算は7億6602万株、売買代金概算は1兆5333億6000万円。値上がり銘柄数は1296、対して値下がり銘柄数は786、変わらずは95銘柄だった。

 きょう前場の東京株式市場は前日に続きリスク選好の流れで、主力株を中心に大きく買われる銘柄が目立った。前日の米国株市場でバイデン新政権への移行が順調に進むとの見方が後押しし、NYダウが初の3万ドル大台に乗せたことが市場心理を一段と強気に傾けた。ただ、日経平均株価は短期急騰によるスピード警戒感もあり、前場後半はやや伸び悩む形となっている。前場の売買代金は1兆5000億円台と高水準。

 個別ではソニー<6758.T>が売買代金トップで大幅高、ファーストリテイリング<9983.T>も2000円を超える上昇、任天堂<7974.T>も高い。三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>などメガバンクも堅調。日本電産<6594.T>、ファナック<6954.T>なども上昇した。モリテック スチール<5986.T>が商いを伴い急伸、古河電池<6937.T>、ワコム<6727.T>、コニカミノルタ<4902.T>なども物色人気。半面、JR東日本<9020.T>が冴えず、レーザーテック<6920.T>も軟調。楽天<4755.T>も売りに押された。アカツキ<3932.T>がストップ安に売られ、西松屋チェーン<7545.T>も大幅安。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
モリテックが連日の急騰劇、米テスラ最高値でEV関連株人気に乗る
古河電池は商い急増で上げ足鮮烈、次世代電池で再生可能エネルギー特需の思惑◇
ワコムは大幅高で年初来高値更新、オンライン教育シフトが強力な追い風に


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »