株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

【↑】日経平均 大引け| 続伸、米株高を受け景気敏感株に買い (11月25日) 11月25日17時29分


日経平均株価
始値  26468.52
高値  26706.42(09:26)
安値  26258.35(14:22)
大引け 26296.86(前日比 +131.27 、 +0.50% )

売買高  15億4946万株 (東証1部概算)
売買代金  3兆1507億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は続伸、NYダウ初の3万ドル台乗せでリスク選好ムード
 2.バイデン新政権への円滑な移行に期待、海運や鉄鋼など景気敏感株強い
 3.一時540円あまりの大幅上昇も、後場に入って急速に伸び悩む展開に
 4.東京都が飲食店などに営業短縮を要請する見通し伝わり、利食いを誘発
 5.値下がり銘柄数が値上がりを大幅に上回るが、売買代金は3兆円台乗せ

■東京市場概況

 前日の米国市場では、NYダウは前日比454ドル高と続伸した。トランプ米大統領が、民主党のバイデン氏への政権移行手続きの開始を認めたことから、不透明感が後退し買いが優勢となった。

 東京市場では、終始買い優勢で日経平均株価は連日の新高値となった。ただ、後場に入ると先物主導で売りに押され、上げ幅を縮小する展開を余儀なくされた。

 25日の東京市場は、前日の大幅高の余勢を駆って上値追い基調を継続、日経平均は1991年5月以来29年半ぶりの高値を連日で更新した。前日の米国株市場で新型コロナワクチン開発に対する期待に加え、バイデン新政権への移行が順調に進むとの見方が強まり、NYダウが初の3万ドル大台乗せを果たしたことで、リスク選好の流れを引き継ぐ形となった。海運や鉄鋼など景気敏感株をはじめ広範囲に買いが広がり、日経平均は一時540円強の上昇をみせる場面もあった。ただ、後場は東京都が新型コロナ感染を警戒して、飲食店などに営業時間短縮を要請する見通しと報じられ、急速に伸び悩む展開に。大引けは値下がり銘柄数が値上がりを大幅に上回る状況となった。東証1部の売買代金は今月11日以来の3兆円超え。

 個別では、ソニー<6758>が売買代金を膨らませ大幅高となったほか、JAL<9201>も買い人気を集めた。日産自動車<7201>の上げ足も目立った。日本電産<6594>が堅調、ファナック<6954>、村田製作所<6981>なども上昇した。信越化学工業<4063>も値を上げた。日本金属<5491>、モリテック スチール<5986>、ダイヤモンドエレクトリックホールディングス<6699>がストップ高に買われ、古河電池<6937>が活況高となった。カーリットホールディングス<4275>、トーヨーカネツ<6369>なども高い。
 半面、トヨタ自動車<7203>が売りに押され、キーエンス<6861>も値を下げた。エムスリー<2413>、リクルートホールディングス<6098>も冴えない。JR東日本<9020>、JR東海<9022>などが安く、レーザーテック<6920>も軟調。アカツキ<3932>がストップ安に売られ、西松屋チェーン<7545>も大幅安。ダントーホールディングス<5337>も急落した。

 日経平均へのプラス寄与度上位5銘柄はファストリ <9983> 、信越化 <4063> 、ファナック <6954> 、中外薬 <4519> 、ソニー <6758> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約78円。
 日経平均へのマイナス寄与度上位5銘柄はエムスリー <2413> 、リクルート <6098> 、アドテスト <6857> 、キッコマン <2801> 、トヨタ <7203> 。5銘柄の指数押し下げ効果は合計で約24円。

 東証33業種のうち上昇は19業種。上昇率の上位5業種は(1)空運業、(2)海運業、(3)鉄鋼、(4)鉱業、(5)非鉄金属。一方、下落率の上位5業種は(1)パルプ・紙、(2)電気・ガス業、(3)食料品、(4)サービス業、(5)陸運業。

■個別材料株

△ホーブ <1382> [JQ]
 協和化学工業といちご品種を共同開発へ。
△国際石開帝石 <1605> など石油関連株
 WTI価格は一時45ドル台に上昇
△フロンテオ <2158> [東証M]
 第1種医療機器製造販売業許可を申請。
△日本麻 <3306> [東証2]
 バイデン政権移行でカナビス関連株急騰の流れ引き継ぐ。
△トヨカネツ <6369>
 50万株を上限とする自社株買いを実施へ。
△ダイヤHD <6699>
 世界最高クラスの電力密度を実現したV2X対応車載充電器を開発。。
△ワコム <6727>
 オンライン教育シフトが強力な追い風に。
△古河池 <6937>
 次世代電池で再生可能エネルギー特需の思惑。
△アイリック <7325> [東証M]
 スマートOCRが「AI技術を用いた文字認識サービスの提携業務」に採用。
△セキド <9878> [東証2]
 韓国化粧品メーカーと合弁会社設立へ。

▼アカツキ <3932>
 海外売り出しによる需給悪化を警戒。
▼西松屋チェ <7545>
 11月既存店増収率が鈍化で利益確定売り優勢。


 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)日金属 <5491> 、(2)モリテック <5986> 、(3)ダイヤHD <6699> 、(4)JAL <9201> 、(5)北興化 <4992> 、(6)古河池 <6937> 、(7)日産自 <7201> 、(8)カーリットH <4275> 、(9)アイビーシー <3920> 、(10)コニカミノル <4902> 。
 値下がり率上位10傑は(1)アカツキ <3932> 、(2)西松屋チェ <7545> 、(3)ダントーHD <5337> 、(4)キャリアL <6070> 、(5)ファイバーG <9450> 、(6)ダイニチ工業 <5951> 、(7)スノーピーク <7816> 、(8)東京産 <8070> 、(9)TYK <5363> 、(10)化工機 <6331> 。

【大引け】

 日経平均は前日比131.27円(0.50%)高の2万6296.86円。TOPIXは前日比5.27(0.30%)高の1767.67。出来高は概算で15億4946万株。東証1部の値上がり銘柄数は771、値下がり銘柄数は1318となった。日経ジャスダック平均は3615.61円(4.13円安)。

[2020年11月25日]


株探ニュース

【関連ニュース】
ジャスダック市場(大引け)=日経ジャスダック平均は3日ぶり反落、DIシステム、リバーエレクが売られる
東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は反落、ホープ、Kラーニングが売られる
日経平均25日大引け=続伸、131円高の2万6296円


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »