株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日産化が続伸、国内大手証券が目標株価を6800円へ引き上げ 11月25日14時02分

 日産化学<4021.T>が続伸し上場来高値を更新している。SMBC日興証券が24日付で投資評価「1」を継続し、目標株価を6300円から6800円へ引き上げたことが好材料視されているようだ。

 同証券では、21年3月期第2四半期決算では、半導体材料を中心とした上方修正と配当予想の増額が好印象だったと評価。また、増益ドライバーとして、自社開発品が豊富な農薬に加え、EUV用下層膜の売上高が急速に増加している半導体材料に期待したいという。更に、積極的な株主還元と相まって、22年3月期以降は安定して年率10%強のEPS成長が続くと予想している。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ダイヤHDがS高、世界最高クラスの電力密度を実現したV2X対応車載充電器を開発
いい生活が大幅反落、10月売上高が前年並みにとどまる
債券:40年債入札、応札倍率2.67倍


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »