株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ダイヤHDがS高、世界最高クラスの電力密度を実現したV2X対応車載充電器を開発 11月25日14時02分

 ダイヤモンドエレクトリックホールディングス<6699.T>がストップ高の1055円に買われている。この日、グループ会社のダイヤモンド電機と田淵電機が、世界最高クラスの電力密度を実現したV2X(電気自動車やプラグインハイブリッド車の蓄電池を電力系統に接続して充放電する技術の一つ)対応の7.4キロワット車載充電器を開発したと発表しており、これが好材料視されている。

 同製品により、電気自動車の蓄電池を活用した系統の安定化、災害時の非常用電源機能やピークシフト、ピークカットを実現するという。V2G(双方向充電システム)市場で先行するアメリカ市場で必要とされる製品企画UL9741にも準拠することで、電気自動車への搭載を容易にしたという。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
日産化が続伸、国内大手証券が目標株価を6800円へ引き上げ
いい生活が大幅反落、10月売上高が前年並みにとどまる
債券:40年債入札、応札倍率2.67倍


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »