株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

富士フイルムに強気評価、国内大手証券は目標株価6900円に引き上げ 11月25日14時55分

 富士フイルムホールディングス<4901.T>に強気評価が出ている。野村証券は24日、同社株のレーティングの「バイ」を継続するとともに、目標株価を6200円から6900円に引き上げた。写真技術をベースとした多角化戦略による安定成長性を評価。バイオCDMO(製造・開発受託)などへ積極投資を進めてきたヘルスケアが業績を牽引する局面に入りつつあるとみている。今後の成長ドライバーとして期待されるバイオCDMOは21年3月期に売上高1000億円を達成する見通しで、新型コロナ関連の受託も取り込み、会社が目標として掲げる25年3月期の売上高2000億円に向け力強い成長が続くと予想している。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」2位に西松屋チェ
<個人投資家の予想> 11月25日 14時
イマジカGがしっかり、ハイエンド向けリモートアクセスアプリケーションを発売


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »