株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は3日続伸、ソフトバンクGと東エレクが2銘柄で約87円分押し上げ 11月26日17時51分

26日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり101銘柄、値下がり118銘柄、変わらず6銘柄となった。

日経平均は3日続伸。25日の米国市場ではNYダウが利益確定売りに押され反落する一方、ハイテク株比率の高いナスダック総合指数は3日続伸で過去最高値を更新した。国内では新型コロナウイルス感染拡大に伴う自粛要請の広がりや緊急事態宣言の再発出が警戒され、本日の日経平均は41円安でスタート。ただ、米ハイテク株高を追い風に値がさ株を中心に買いが入り、日経平均は朝方プラス転換した。その後26500円手前でもみ合う展開が続いたものの、引けにかけて26560.03円(前日比263.17円高)まで上昇する場面があった。

大引けの日経平均は前日比240.45円高の26537.31円となった。終値ではバブル崩壊後の戻り高値を連日で更新、1991年4月以来の高値水準となる。東証1部の売買高は11億6400万株、売買代金は2兆4792億円だった。業種別では、その他製品、情報・通信業、精密機器が上昇率上位だった。一方、空運業、保険業、電気・ガス業が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の60%、対して値下がり銘柄は36%となった。

値上がり寄与トップはソフトバンクG<9984>となり1銘柄で日経平均を約47円押し上げた。同2位は東京エレクトロン<8035>となり、エムスリー<2413>、ネクソン<3659>、信越化学<4063>、TDK<6762>、オリンパス<7733>などがつづいた。

一方、値下がり寄与トップはテルモ<4543>となり1銘柄で日経平均を約8円押し下げた。同2位はアステラス製薬<45038>となり、ホンダ<7267>、ファーストリテ<9983>、東京海上HD<8766>、ヤマハ<7951>、SUBARU<7270>などがつづいた。


*15:00現在

日経平均株価  26537.31(+240.45)

値上がり銘柄数 101(寄与度+311.25)
値下がり銘柄数 118(寄与度-70.80)
変わらず銘柄数  6

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<9984> ソフトバンクG     7089          219 +47.38
<8035> 東エレク        35000         1110 +40.03
<2413> エムスリー       8927          372 +32.20
<3659> ネクソン         3135          220 +15.87
<4063> 信越化         16845          435 +15.69
<6762> TDK           14410          430 +15.51
<7733> オリンパス      2253.5          105 +15.15
<4519> 中外薬          4803          134 +14.50
<6645> オムロン         9300          360 +12.98
<9433> KDDI           3064           48 +10.39
<6857> アドバンテ       7310          120 +8.65
<4568> 第一三共         3773           72 +7.79
<6976> 太陽誘電         4645          185 +6.67
<6367> ダイキン        24050          160 +5.77
<7832> バンナムHD       9564          129 +4.65
<9766> コナミHD         5440          110 +3.97
<4523> エーザイ         7819           90 +3.25
<9735> セコム         10450           80 +2.88
<6098> リクルートHD      4600           25 +2.70
<8697> JPX          2569           70 +2.52

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<4543> テルモ          4156          -60 -8.65
<4503> アステラス薬      1588         -26.5 -4.78
<7267> ホンダ          2996          -61 -4.40
<9983> ファーストリテ    83590          -90 -3.25
<8766> 東京海上         5390         -161 -2.90
<7951> ヤマハ          5840          -80 -2.88
<7270> SUBARU         2158.5          -58 -2.09
<6758> ソニー          9754          -56 -2.02
<7203> トヨタ          7301          -49 -1.77
<6952> カシオ          2020          -46 -1.66
<6301> コマツ          2583          -38 -1.37
<9008> 京王           7770         -190 -1.37
<5108> ブリヂストン      3798          -38 -1.37
<8001> 伊藤忠         2797.5         -31.5 -1.14
<9007> 小田急          3220          -60 -1.08
<1802> 大林組           939          -30 -1.08
<6305> 日立建          2901          -30 -1.08
<8725> MS&AD           3137          -92 -1.00
<9022> JR東海         14095         -275 -0.99
<9009> 京成           3650          -50 -0.90



<CN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »