株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は反発、売買代金7カ月ぶり低水準、敬遠ムード広がる 11月26日16時48分

本日のマザーズ市場では、売買代金の減少が一段と進み、マザーズ指数の反発もやや鈍かった。売買代金は4月23日以来、およそ7カ月ぶりの低水準。東証1部市場では日本電産<6594>やエムスリー<2413>、東エレク<8035>といった値がさグロース(成長)株が上場来高値を更新し、マザーズ市場でも全般に買いが優勢となった。ただ、マザーズ主力株はこのところ値動きが悪く、個人投資家に敬遠ムードが広がっているようだ。なお、マザーズ指数は反発、売買代金は概算で1449.61億円。騰落数は、値上がり182銘柄、値下がり138銘柄、変わらず10銘柄となった。
個別では、時価総額上位のフリー<4478>やJMDC<4483>、売買代金上位のJTOWER<4485>やアララ<4015>が上昇。前日ストップ高のアイリック<7325>が大幅続伸し、動画配信需要拡大への期待が根強いJストリーム<4308>も大きく買われた。また、イード<6038>は「バーチャルキー」採用のリリースが材料視され、ストップ高を付けた。一方、メルカリ<4385>やラクス<3923>は上値が重く小幅に下落。売買代金上位ではBASE<4477>やAIinside<4488>が売りに押された。また、飲食店への時短営業要請が広がっていることを受け、食材卸のミクリード<7687>が下落率トップとなった。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »