株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東証大引け 3日続伸、29年半ぶり高値更新 ハイテクや半導体関連に買い 11月26日15時46分

 26日の東京株式市場で日経平均株価は3日続伸し、前日比240円45銭(0.91%)高の2万6537円31銭で終えた。1991年4月以来およそ29年半ぶりの高値を更新した。前日の米株式市場でハイテク株の多いナスダック総合株価指数が約2カ月半ぶりに過去最高値を更新したのを受け、東京市場でも半導体やハイテク関連株を中心に買いが入った。

 新型コロナウイルスのワクチン開発の進展期待が広がるなか、各国政府や中央銀行による景気対策も続くとの見方が投資家の心理を上向かせた。

 朝方は短期的な過熱感から主力銘柄の一角に利益確定の売りが出て、日経平均は下げる場面があったが、売り一巡後は買いの勢いが優勢になった。オプションに絡んだ断続的な買いが出ているとの指摘もあった。国内の新型コロナウイルスの感染者数が再び増加し、行動規制の動きも出ているが、「市場は足元のコロナ再拡大を織り込んだ可能性がある」(国内運用会社)との指摘が聞かれた。

 JPX日経インデックス400は3日続伸し、101.47ポイント(0.63%)高の1万6155.04だった。東証株価指数(TOPIX)は5日続伸し、10.58ポイント(0.60%)高の1778.25だった。

 東証1部の売買代金は概算で2兆4792億円。売買高は11億6400万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1299と約6割を占めた。値下がりは791、変わらずは88だった。

 ソフトバンクG(SBG)や東エレクなどの値がさ株が上げた。エムスリーや信越化、アドテストも買われた。半面、JR東海や小田急など鉄道株が下落。JALなど空運株が下げ、T&Dなど保険株も安かった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »