株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

明日の為替相場見通し=方向感に欠ける展開か 11月26日17時57分

 今晩から明日にかけての外国為替市場のドル円相場は、26日の米国市場が感謝祭の祝日のため休場となることから方向感に欠ける展開となりそうだ。予想レンジは1ドル=104円00~104円60銭。

 この日のドル円相場は米国の金融緩和長期化観測によるドルの先安観から一時104円20銭台に軟化する場面もあったが、前日のニューヨーク市場の安値104円26銭を下回ることはなく、東京時間の午後にかけて104円30銭台に下げ渋った。今晩は米市場が休場となることから市場参加者は限られ、104円台前半での動きが続きそうだ。新型コロナウイルス向けワクチンの早期実用化期待を背景に投資家のリスク選好姿勢は根強く、足もとではユーロ買い・ドル売りの動きがみられているが、今晩に発表される欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨の内容によってはユーロ買いが一服する可能性もある。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
日銀為替市況 午後5時時点、104円32~33銭のドル安・円高
日銀為替市況(ドル円・午後5時)
<個人投資家の予想> 11月26日 17時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »