株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

あすか薬が大幅反発、レルゴリクスが子宮内膜症患者を対象とした第3相試験で主要評価項目を達成 11月26日09時07分

 あすか製薬<4514.T>が大幅反発している。25日の取引終了後、国内で開発中のGnRHアンタゴニスト TAK-385(一般名レルゴリクス)の子宮内膜症患者を対象とした第3相比較試験で、主要評価項目を達成したと発表しており、これが好感されている。なお、レルゴリクスは19年1月に子宮筋腫に基づく諸症状(過多月経、下腹痛、腰痛、貧血)の改善に対する治療薬(レルミナ錠)として、製造販売承認を取得している。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
あすか薬、レルゴリクスが子宮内膜症患者を対象とした第3相試験で主要評価項目を達成
東エレク反発、5G関連投資需要追い風に上場来高値近辺で強調展開
日電産が強さ発揮、最高値街道走るテスラを横目に実需買い需要旺盛


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »