株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

富士電機が大幅反発、国内大手証券が目標株価を4500円に引き上げ 11月26日13時45分

 富士電機<6504.T>が大幅反発。SMBC日興証券が25日付で同社株の投資判断「1(強気)」を継続するとともに、目標株価を3900円から4500円に増額しており、これを材料視する買いが入っている。

 リポートでは、車載向けパワー半導体を主軸に、中長期2ケタ利益成長の確度が高まりつつあると評価。21年3月期計画からの大幅な上振れは期待はしずらいが、今後徐々に目線が来期以降へシフトしていく中では相対的に選好されやすいだろうと指摘している。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 11月26日 13時
JMDCが大幅反発、米フィットビットと有料会員サービスの国内独占販売契約
債券:国債買いオペ、「残存期間5年超10年以下」の応札倍率2.44倍


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »