株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

個別銘柄戦略:大和ハウスやイビデンなどに注目 11月27日09時08分

26日の米国市場は感謝祭のため休場。大阪夜間取引の日経225先物は大阪日中比130円安の26450。27日早朝の為替は1ドル=104.20-30円(昨日大引け時は104.35円付近)。
本日の東京市場では、新規の買い材料に乏し中、昨日大幅高となった日本電産<6594>
や東エレク<8035>の利益確定売りが予想され、新型コロナ感染拡大による外出自粛の広がりへの懸念からファーストリテ<9983>もさえない動きが予想される。反面、巣ごもり消費の長期化観測が任天堂<7974>のプラス材料となり、三井物<8031>によるTOBが報じられた東京ドーム<9681>、21年3月期の営業利益を5億円から25億円に上方修正したDyDo<2590>なども個別に買われよう。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げなどが観測された大和ハウス<1925>、イビデン<4062>、NRI<4307>、Zホールディングス<4689>、日本製鉄<5401>、JFE<5411>、LIXILG<5938>、古河電工<5801>、豊田自動織機<6201>、富士電機<6504>、オムロン<6645>、新光電工<6967>、ニチコン<6996>、日本ケミコン<6997>、かんぽ生命保険<7181>、アイシン精機<7259>、ユナイテッドアローズ<7606>、オリンパス<7733>、第一生命HD<8750>、東京海上HD<8766>、学研HD<9470>、ソフトバンクG<9984>などに注目。

<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »