株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

業界再編機運の高まりが投資家の物色意欲を刺激する 11月27日08時33分

 27日の日本株市場は米国市場の祝日の影響から商いは膨らまず、週末要因もあってこう着感の強い相場展開が見込まれる。ただし、昨日の強い値動きをみても、海外勢による日本株の積み上げに伴うニーズは高そうであり、押し目買い意欲の強さは意識されやすいところである。足元で海外勢の買い越し基調が続いているが、それでも今年は依然として売り越しである。また、アベノミクススタート時には期待感から買い越し基調であったが、その後は売り越し基調が続いていたこともあり、日本株の組み入れ比率は低い状態であろう。その中で今回の上昇によってドル建て日経平均がS&P500をアウトパフォームしている現状から鑑みるとファンド勢は組み入れを迫られている状態が続いているとも考えられる。

 26日の欧州市場は米国市場の休場の影響から薄商いであり、小幅な値動きだったこともあり、さすがに日本市場もこう着感が強まると考えられるが、下値の堅さは意識されやすい。また、感謝祭明け後の米国の年末商戦への期待感も高まりやすく、年末商戦のネット売上高はコロナ禍において20~30%増との予測も出ている。さらに12月に入れば市場の関心はファイザーのワクチンの承認結果の行方に集中する。結果が判明される予定がちょうど日本のメジャーSQにあたる。足元での急ピッチの上昇で過熱感が警戒視される中ではあるが、ショート筋にとってみればニュートラルに近づけておきたいところであろう。

 また、NTTドコモ<9437>による指数構成銘柄からの除外に伴い新規組み入れとなったシャープ<6753>が連騰を続けており、同様にTOPIXへの調整買いに伴う需給要因も底堅さにつながっている。12月前半にかけては中間配当金支払いに伴う再投資による需給面での下支えも意識されやすいところであり、目先的な調整場面においては積極的な押し目買いが入りやすいところであろう。

 そのほか、三井不<8801>が東京ドーム<9681>にTOBをかける方針を固めたと報じられている。ここにきて様々な業界でM&Aの動きが活発化している。業界再編機運の高まりも投資家の物色意欲を刺激する形になると考えられ、業績面で苦戦している銘柄のほか、飽和状態にある業界の再編などへの思惑がより物色対象に広がりをみせてくることになりそうである。


<AK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »