株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東証寄り付き 軟調 利益確定売りが先行、新型コロナ重症者数増が重荷 11月27日09時21分

 27日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は軟調に推移し、前日に比べ10円ほど安い2万6500円台前半で推移している。高値警戒感から利益確定売りがやや優勢だが、押し目買い意欲も強く、間もなく上昇に転じる場面もあった。

 日経平均は今週に入ってから前日までに1000円超上昇していたうえ、29年半ぶりの高値を付けていたとあって利益確定売りが出やすくなっている。

 新型コロナをめぐる状況の深刻化も重荷だ。26日は国内の感染者数が4日ぶりに2000人を超えた。厚生労働省によると同日の全国の重症者は410人で過去最多を更新した。営業時間の短縮要請など経済活動を抑制する動きも相次いでおり、投資家心理を下向かせている。

 ただ、ワクチン開発などで次第に景気が回復に向かうとの期待は根強く、下値では押し目買いが入っている。

 JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)は続伸している。

 ニコンやカシオが売られているほか、出光興産や国際石開帝石、Jフロントや高島屋が安い。一方で東京建物や大林組が買われている。第一三共、エムスリーも上昇。三井不がTOB(株式公開買い付け)をかける方針を固めたと伝わった東京ドームは買い気配となっている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »