株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東証10時 上げ幅一時100円超 ハイテク株など高い 11月27日10時12分

 27日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は前日比の上げ幅が一時100円を超え、2万6600円台前半で推移している。TDKや日電産などハイテク株の一角などに買いが入って相場を支えている。市場では「高速通信規格『5G』や電気自動車(EV)関連など、中長期的なテーマになりそうな銘柄への物色は引き続き活発」(国内証券)との声が聞かれる。

 10時現在の東証1部の売買代金は概算で7152億円、売買高は3億2063万株だった。

 東急不HDや東建物など不動産株が一段高となっているほか、東邦鉛や日軽金HDが高い。コニカミノルやエプソンも買われている。ソフトバンクグループ(SBG)が上昇。一方で日産自やSUBARUが安い。デンソーやニコンも売られている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »