株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(前引け)=小幅反落、利益確定売りも値上がり銘柄数多い 11月27日11時48分

 27日前引けの日経平均株価は前営業日比30円34銭安の2万6506円97銭と小幅反落。前場の東証1部の売買高概算は5億7046万株、売買代金概算は1兆2467億1000万円。値上がり銘柄数は1326、対して値下がり銘柄数は734、変わらずは112銘柄だった。

 きょう前場の東京株式市場は、前日の米国株市場が休場で手掛かり材料難のなか、ここ急速に日経平均が水準を切り上げていたこともあって、目先利益確定売り圧力が表面化した。ただ、中小型株に買われる銘柄が目立ち、前引け段階で値上がり銘柄数が値下がりを大きく上回っている。業種別では医薬品や不動産、精密機器などに買いが入った。一方で、ドル安・円高を背景に自動車株などが軟調。

個別ではソフトバンクグループ<9984.T>が堅調、日本電産<6594.T>も商いを伴い上昇した。エムスリー<2413.T>、キーエンス<6861.T>なども高い。武田薬品工業<4502.T>も堅調。ジーンズメイト<7448.T>が大幅高、ダイヤモンドエレクトリックホールディングス<6699.T>も値を飛ばした。半面、トヨタ自動車<7203.T>が軟調、ファーストリテイリング<9983.T>も値を下げた。ダイキン工業<6367.T>、ファナック<6954.T>なども冴えない。タカショー<7590.T>が大幅安、西松屋チェーン<7545.T>なども売られた。モリテック スチール<5986.T>も利益確定の動きに押された。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
EVモーター関連に人気集中、日電産は最高値街道走り黒田精は9連騰と異彩放つ◇
タカショーは急落、第3四半期営業利益97%増も材料出尽くし感強まる
東京株式(寄り付き)=やや売り先行、週末で利益確定の動き優勢


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »