株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

不動産株の一角に買い、三井不による東京ドームTOBで注目集まる◇ 11月27日12時37分

 東京建物<8804.T>や野村不動産ホールディングス<3231.T>、東急不動産ホールディングス<3289.T>をはじめ、ダイビル<8806.T>や平和不動産<8803.T>など不動産株の一角が買われている。東京ドーム<9681.T>に対して、三井不動産<8801.T>がTOBを実施する方向で調整を進めていると伝わっており、これを受けて不動産セクターへの注目度が上昇しているようだ。同セクターは、PBR1倍割れの割安感が強い銘柄が多いこともポイント。大手では三井不のほか三菱地所<8802.T>や住友不動産<8830.T>なども堅調な値動きとなっている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ドームがカイ気配、三井不によるTOB観測受け買い注文殺到◇
<11月26日の陽線包み足達成銘柄(買いシグナル)>
東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価はプラス転換


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »