株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

海運株は軒並み上昇、コンテナ・ばら積み船市況回復を背景に低PBR株物色の波に乗る◇ 11月27日13時53分

 日本郵船<9101.T>が6日続伸と上昇基調を強めているほか、商船三井<9104.T>、川崎汽船<9107.T>、明治海運<9115.T>、共栄タンカー<9130.T>など海運株が軒並み高となっている。ワクチン開発期待を背景とした経済活動正常化への思惑が世界景気の改善を早めるという見方が強まっている。海運市況も回復の兆しがあり、鉄鉱石や石炭、穀物などを運ぶばら積み船市況の総合的な値動きを表すバルチック海運指数は前日時点で8日続伸、今月4日以来の1200台を回復している。また、コンテナ船市況も回復色が強く、中国発東南アジア向けの海上コンテナ運賃の急騰が伝えられるなど、海運業界にとって収益環境に追い風が強く意識される局面となっている。海運セクターは低PBR銘柄が多く、バリュー株のリターンリバーサルの流れにも乗っている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東合成がS高カイ気配、低コストかつCO2負荷の少ないシングルナノセルロース開発を引き続き好材料視
<個人投資家の予想> 11月27日 13時
債券:2年債入札、テールは1銭1厘で応札倍率3.21倍


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »