株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京為替:1ドル103円90銭近辺、バイデン氏骨折で不透明感 11月30日13時37分

午後の東京外為市場でドル・円は1ドル=103円90銭近辺で推移。自民党税制調査会は、第3次補正予算について、34兆円程度求めたと、共同通信が報じている。GoToトラベルについてゴールデンウイーク直後まで延長を求めたとしている。


一方、東京株式市場は日経平均が149円安とマイナス圏への下落となっている。米ダウ先物の時間外取引が213ドル安となっていることが重しとなっているようだ。バイデン氏が骨折したことで、先行き不透明感が高まっているようだ。



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »