株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は反発、ファーストリテと東京エレクトロンの2銘柄で約104円分押し上げ 12月01日17時48分

12月1日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり193銘柄、値下がり30銘柄、変わらず2銘柄となった。

日経平均は反発。11月30日の米国市場ではNYダウが271ドル安と反落したが、アップルや半導体関連株などは上昇。また、バイオ製薬のモデルナが新型コロナウイルスワクチンの緊急使用許可を申請すると伝わり、本日の日経平均は190円高からスタートした。米国市場の流れを引き継いで半導体関連株を中心に買いが入り、アジア株の値上がりも追い風となって、日経平均は後場の寄り付き直後に一時26852.16円(前日比418.54円高)まで上昇。その後は過熱警戒感から上げ一服となったが、高値圏で堅調に推移した。

大引けの日経平均は前日比353.92円高の26787.54円となった。バブル崩壊後の戻り高値を再び更新。東証1部の売買高は13億3122万株、売買代金は2兆8191億円だった。業種別では、証券、非鉄金属、金属製品が上昇率上位だった。一方、その他製品、電気・ガス業、鉱業が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の70%、対して値下がり銘柄は27%となった。

値上がり寄与トップはファーストリテ<9983>となり1銘柄で日経平均を約58円押し上げた。同2位は東京エレクトロン<8035>となり、ファナック<6954>、ダイキン工業<6367>、信越化学<4063>、京セラ<6971>、キッコーマン<2801>などがつづいた。

一方、値下がり寄与トップはリクルートHD<6098>となり1銘柄で日経平均を約14円押し下げた。同2位はセコム<9735>となり、エムスリー<2413>、テルモ<4543>、中外製薬<4519>、第一三共<4568>、エーザイ<4523>などがつづいた。


*15:00現在

日経平均株価  26787.54(+353.92)

値上がり銘柄数 193(寄与度+405.00)
値下がり銘柄数  30(寄与度-51.08)
変わらず銘柄数  2

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ    87560         1620 +58.42
<8035> 東エレク        36720         1250 +45.08
<6954> ファナック       26150          785 +28.31
<6367> ダイキン        24320          655 +23.62
<4063> 信越化         17615          480 +17.31
<6971> 京セラ          6139          176 +12.69
<6857> アドバンテ       7400          140 +10.10
<2801> キッコーマン      6770          280 +10.10
<4021> 日産化学         6480          240 +8.65
<7951> ヤマハ          6200          240 +8.65
<2502> アサヒ          4209          172 +6.20
<6988> 日東電          8810          170 +6.13
<9984> ソフトバンクG     7300           28 +6.06
<6645> オムロン         9580          150 +5.41
<8830> 住友不          3547          142 +5.12
<6902> デンソー         5061          132 +4.76
<9766> コナミHD         5600          130 +4.69
<8015> 豊通商          3740          130 +4.69
<6506> 安川電          5160          130 +4.69
<6841> 横河電          1953          109 +3.93

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<6098> リクルートHD      4273         -127 -13.74
<9735> セコム         10200         -195 -7.03
<2413> エムスリー       9542          -80 -6.92
<4543> テルモ          4119          -28 -4.04
<4519> 中外薬          5009          -35 -3.79
<4568> 第一三共         3670          -24 -2.60
<4523> エーザイ         7817          -70 -2.52
<6504> 富士電機         3460         -250 -1.80
<4755> 楽天           1130          -39 -1.41
<6702> 富士通         14225         -280 -1.01
<9434> ソフトバンク      1260         -24.5 -0.88
<9531> 東ガス         2242.5         -102 -0.74
<7733> オリンパス      2251.5           -5 -0.72
<4502> 武田           3731          -14 -0.50
<8267> イオン          3092          -13 -0.47
<5301> 東海カ          1133          -13 -0.47
<2269> 明治HD          7320          -60 -0.43
<7269> スズキ          5592          -12 -0.43
<4506> 大日住薬         1314           -9 -0.32
<8628> 松井証           832           -8 -0.29



<CN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »