株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は反発、ワクチン期待などで再びバブル後高値 12月01日16時01分

日経平均は反発。11月30日の米国市場ではNYダウが271ドル安と反落したが、アップルや半導体関連株などは上昇。また、バイオ製薬のモデルナが新型コロナウイルスワクチンの緊急使用許可を申請すると伝わり、本日の日経平均は190円高からスタートした。米国市場の流れを引き継いで半導体関連株を中心に買いが入り、アジア株の値上がりも追い風となって、日経平均は後場の寄り付き直後に一時26852.16円(前日比418.54円高)まで上昇。その後は過熱警戒感から上げ一服となったが、高値圏で堅調に推移した。

大引けの日経平均は前日比353.92円高の26787.54円となった。バブル崩壊後の戻り高値を再び更新。東証1部の売買高は13億3122万株、売買代金は2兆8191億円だった。業種別では、証券、非鉄金属、金属製品が上昇率上位だった。一方、その他製品、電気・ガス業、鉱業が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の70%、対して値下がり銘柄は27%となった。

個別では、SUMCO<3436>が7%の上昇。業界再編に伴うシリコンウエハー需給引き締まりの思惑から連日の大幅高となった。ファーストリテ<9983>が2%近く上昇したほか、東エレク<8035>やファナック<6954>も3%を超える上昇となり、日経平均を大きく押し上げた。ソフトバンクG<9984>やトヨタ自<7203>は小じっかり。また、自社株買い実施を発表したエンプラス<6961>などは急伸し、AIinside<4488>との資本業務提携を発表したショーケース<3909>は買い気配のままストップ高比例配分となった。一方、任天堂<7974>やリクルートHD<6098>が3%前後の下落。リクルートHDは株式売出し実施を発表している。NTTドコモ<9437>が携帯電話料金の値下げで調整と報じられ、ソフトバンク<9434>も軟調。ラクーンHD<3031>は決算発表による材料出尽くし感から急落し、ビーロット<3452>などが東証1部下落率上位に顔を出した。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »