株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ピースリーがS高、長野トヨタ自動車と次世代型ショールーム開発で提携 12月01日09時58分

 ピースリー<6696.T>がストップ高に買われている。11月30日の取引終了後、長野トヨタ自動車(長野市)と業務提携すると発表。両社はピースリー開発の大画面デジタルサイネージを活用した次世代型ショールームサービスを共同で企画・開発するとしており、これを好感する買いが入っている。

 次世代型ショールームサービスは、セールスマンが手元で同社開発のタブレットを操作し、ショールーム内の大画面デジタルサイネージ上で、顧客の希望に沿う車種のボディーの色、ホイールの形、内装やインテリアを瞬時に変化させ、その車が実際に走っている姿を確認することができる、世界で類を見ない画期的なDOOH(デジタル屋外広告)製品になるという。

 同時に発表した21年1月期第3四半期累計(2~10月)の連結経常損益は1億8700万円の赤字(前年同期は1億4300万円の赤字)となったが、こちらへの反応は限定的となっている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
富士電機が大幅反落、製品不具合に関する損失は103億円
ビーロット急反落、評価損計上などで20年12月期業績予想を下方修正
東エレクは4連騰で連日の上場来高値、米株安もSOX指数は最高値街道で追い風強まる


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »