株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

KIYOラーニングが大幅高でトレンド転換、オンライン教育でウィズコロナでも成長加速 12月01日12時50分

 KIYOラーニング<7353.T>が大幅高で大陽線を立て、目先トレンド転換の兆しをみせている。今年7月15日に東証マザーズに上場し、公開価格の2.3倍で初値を形成する人気となったが、セカンダリーでも人気化し11月18日には1万7610円の高値をつけた。その後は大幅な調整を余儀なくされたものの、75日移動平均線手前の1万1000円近辺で底を入れ切り返しに転じてきた。個人向けオンライン資格講座のほか企業向け社員教育クラウドサービス「エアコース」などを主力展開し、新型コロナウイルスの感染拡大局面でも収益デメリットを受けない事業モデルが注目されている。トップラインの伸びが著しく、20年12月期は前期比81%増の15億1000万円と急拡大。営業損益も1億6100万円(前期実績は1億4900万円の赤字)と黒字化を見込み、来期以降も成長加速が期待されている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
サンバイオが大幅反発、保有株を東京海上日動火災保険へ売却◇
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」5位にラクーンHD
信越化が連日の上場来高値、5G対応の樹脂素材を量産と報じられる


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »