株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ワンダコーポの21年3月期業績は2.7%営業増益を見込む 12月01日16時24分

 ワンダーコーポレーション<3344.T>がこの日の取引終了後、未定としていた21年3月期連結業績予想を発表しており、売上高579億4000万円(前期比5.3%減)、営業利益13億1100万円(同2.7%増)を見込むとした。

 緊急事態宣言期間を中心とした実店舗の休業や営業時間の短縮、各種イベントの中止などで売上高は減収となるものの、ゲーム及び本などの巣ごもり需要によるWonderGOO事業およびTSUTAYA事業の好調や、ニューノーマル時代に適応した新しいイベント形態を確立したことによる新星堂事業の復調などで業績は回復に向かっているという。また、前年から実施している事業構造改革による利益率の改善や、選択定年制度による人件費コストの適正化、抜本的なコスト構造の見直しなども奏功した。なお純利益は、選択定年制度による割増退職金及び再就職支援などに伴う費用を特別損失として計上した結果、6億9100万円(同29.3%減)を見込む。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
JSBの20年10月期業績は計画上振れで着地
Rフィールドは21年4月期業績予想を上方修正
欧米(1日)の注目経済指標=米ISM製造業景気指数


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »