株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

【↑】日経平均 大引け| 小幅続伸、朝高後に軟化も下値で買い直される (12月2日) 12月02日17時29分


日経平均株価
始値  26884.99
高値  26889.90(09:00)
安値  26695.28(10:14)
大引け 26800.98(前日比 +13.44 、 +0.05% )

売買高  14億2881万株 (東証1部概算)
売買代金  3兆0726億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は小幅続伸、朝高後に軟化も下値で買い直される
 2.米国株市場ではナスダック総合指数が最高値でリスク選好継続
 3.ワクチン実用化接近観測で景気敏感株など中心に買い意欲旺盛
 4.日経平均はプラス転換したものの前日急伸の反動で上値も重い
 5.物色意欲は旺盛で商い活況、全体売買代金は3兆円の大台乗せ

■東京市場概況

 前日の米国市場では、NYダウは前日比185ドル高と反発した。新型コロナウイルスワクチンの接種が12月中にも開始されるとの見方から、景気敏感株中心に買いが優勢となった。

 東京市場では、前日の米株高を受け朝方は買い優勢で始まったものの、その後は値を消す展開。ただ日経平均株価はいったん安くなったものの、下値で買い直され再びプラス圏に切り返した。

 2日の東京市場は、前日の欧米株高が追い風となり買い優勢でスタートしたが、その後は買いが続かずマイナス圏に沈んだ。米国株市場ではワクチン実用化が近いとの観測を受けて景気敏感株が買われたほか、ハイテク株比率の高いナスダック総合指数が最高値を更新するなどリスク選好ムードにあったが、日経平均は前日時点で米株価指数先物の上昇を横目に350円強の大幅高をみせていたこともあって、目先利食い圧力が働いた。しかし、買い意欲自体は旺盛であり、前引け時点で日経平均は安かったものの東証1部の値上がり銘柄数が値下がりを大幅に上回る状況にあった。案の定、後場に入ると日経平均はプラス転換したが上値も重く、前日終値近辺で売り物をこなす展開に。引け際手仕舞い売りが出たが、大引けはプラス圏で着地。全体売買代金は3兆円台に乗せた。

 個別では、トヨタ自動車<7203>が堅調、キーエンス<6861>も高い。東京エレクトロン<8035>もプラス圏で引けた。SUMCO<3436>は14連騰。武田薬品工業<4502>が買われ、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>などメガバンクもしっかりだった。ショーケース<3909>は連日のストップ高、ダイヤモンドエレクトリックホールディングス<6699>、ロック・フィールド<2910>、Orchestra Holdings<6533>、東京製綱<5981>などが値を飛ばした。
 半面、ソフトバンクグループ<9984>が冴えず、ソニー<6758>、任天堂<7974>が軟調。リクルートホールディングス<6098>が下落したほか、エムスリー<2413>も売りに押された。HOYA<7741>が値を下げ、SMC<6273>も売りが優勢だった。神戸物産<3038>が大幅安となり、グレイステクノロジー<6541>、蛇の目ミシン工業<6445>なども安い。

 日経平均へのプラス寄与度上位5銘柄はアドテスト <6857> 、ホンダ <7267> 、オリンパス <7733> 、東エレク <8035> 、テルモ <4543> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約38円。
 日経平均へのマイナス寄与度上位5銘柄はリクルート <6098> 、ファストリ <9983> 、SBG <9984> 、エムスリー <2413> 、TDK <6762> 。5銘柄の指数押し下げ効果は合計で約61円。

 東証33業種のうち上昇は25業種。上昇率の上位5業種は(1)ゴム製品、(2)非鉄金属、(3)海運業、(4)証券商品先物、(5)水産・農林業。一方、下落率の上位5業種は(1)サービス業、(2)鉱業、(3)その他製品、(4)情報・通信業、(5)パルプ・紙。

■個別材料株

△ミライトHD <1417>
 ToSTNeT-3で600万株を上限とする自社株を取得へ。
△Rフィールド <2910>
 21年4月期業績予想を上方修正。
△ジェイ・エス・ビー <3480>
 20年10月期業績は計画上振れ。
△ロコガイド <4497> [東証M]
 施設の混雑データ利活用に向け東京都と連携。
△そーせい <4565> [東証M]
 米バイオヘイブン社と研究開発及びライセンス契約締結。
△日電子 <6951>
 「フォトマスク製造用電子ビーム装置の生産を強化」との報道。
△NOK <7240>
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を引き上げ。
△丸文 <7537>
 欧州の医療機器ベンチャーが手掛ける電子聴診器を販売へ。
△ハピンズ <7577> [JQ]
 未定としていた21年3月期営業利益は33倍見込む。
△3DM <7777> [JQG]
 内視鏡用粘膜下注入材「TDM-644」の製造販売承認を申請。

▼テラ <2191> [JQ]
 東証が改善報告書を徴求。
▼伊藤園 <2593>
 21年4月期業績予想を下方修正。

 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)ショーケース <3909> 、(2)ダイヤHD <6699> 、(3)オーケストラ <6533> 、(4)グローバル社 <3271> 、(5)東京綱 <5981> 、(6)Rフィールド <2910> 、(7)キャリアL <6070> 、(8)日電波 <6779> 、(9)黒谷 <3168> 、(10)マルマエ <6264> 。
 値下がり率上位10傑は(1)ランド <8918> 、(2)中広 <2139> 、(3)インソース <6200> 、(4)グリムス <3150> 、(5)トランシティ <9310> 、(6)神戸物産 <3038> 、(7)GDO <3319> 、(8)グレイス <6541> 、(9)アトラエ <6194> 、(10)蛇の目 <6445> 。

【大引け】

 日経平均は前日比13.44円(0.05%)高の2万6800.98円。TOPIXは前日比5.59(0.32%)高の1773.97。出来高は概算で14億2881万株。東証1部の値上がり銘柄数は1158、値下がり銘柄数は934となった。日経ジャスダック平均は3679.33円(11.13円高)。

[2020年12月2日]


株探ニュース

【関連ニュース】
今週の決算発表予定 伊藤園、トリケミカル、ラクーンHDなど (11月30日~12月4日)
ジャスダック市場(大引け)=日経ジャスダック平均は続伸、不二精機がS高
東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は5日続伸、アーキテクツ、みらいWKSがS高


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »