株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=マクアケ、応援購入総額や会員数が順調に増加 12月02日10時01分

 マクアケ<4479.T>は、11月5日に上場来高値1万3770円をつけた後、調整しているが、高成長期待を背景に再騰が期待できよう。

 同社は、国内最大級の購入型クラウドファンディングプラットフォーム「Makuake(マクアケ)」の運営が主な事業。10月27日に発表した20年9月期決算は、テレビCMなどの効果で認知度が向上して会員数、応援購入総額が向上したほか、マスクなどの新型コロナウイルス関連のプロジェクトが増加したことで営業利益5億1000万円(前の期比4.1倍)と大幅増益となった。

 21年9月期は、更なる認知度向上を目的に積極的なブランディング広告投資を行うため、増益率は鈍化するが、それでも営業利益6億2000万円(前期比21.5%増)を見込む。足もとで応援購入総額や会員数が順調に増加しており、アクセスユーザー数も高水準を維持していることを考慮すると、今期業績の上振れと当面の高成長が期待できる。(温羅)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ハピンズ、未定としていた21年3月期営業利益は33倍を見込む
フジクラ大幅続伸で10カ月半ぶり新高値、信用倍率0.4倍で踏み上げ相場の様相
ハピンズが一時S高、未定としていた21年3月期営業利益は33倍見込む


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »