株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京ドーム---急落、オアシス幹部のTOB歓迎姿勢を受け価格引き上げ思惑後退 12月03日13時11分

東京ドーム<9681>は急落。三井不動産<8801>が実施しているTOBに対して、大株主である香港ファンドのオアシス・マネジメント最高投資責任者が、「歓迎すべきだ」との考えを明らかにしたと伝わっている。現在、三井不動産が1株1300円でTOBを実施中であるが、オアシスが10%弱を保有する大株主となっていることから、今後のTOB価格引き上げ思惑なども強まり、足元でTOB価格を上回る株価推移となっていた、こうした思惑などが後退する状況となっている。

<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »