株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=セリオ、足もと業績好調でテクニカル妙味も 12月03日10時01分

 SERIOホールディングス<6567.T>は、子育てと仕事の両立を目指す女性を対象に就労や育児の支援事業を展開。政府が7月に決定した「女性活躍加速のための重点方針2020」に基づき、さまざまな取り組みを行っていることが追い風となっている。

 足もと業績は堅調で、10月15日に発表した21年5月期第1四半期(6~8月)の連結経常利益は1億4300万円(前年同期は1500万円)で着地。保育施設の新規開設効果や既存施設の利用園児が順調に増加したことで保育事業の収益が伸びたほか、就労支援事業で見込んでいた新型コロナウイルスの影響が想定を上回るペースで回復したことなどが寄与した。これを踏まえ、同日には通期の経常利益見通しを前期比66.3%増の2億7900万円(従来予想は2億円)に上方修正した。

 株価は10月20日に年初来高値1575円をつけたあと調整を強いられたが、75日移動平均線を下回ることはなく、11月19日の直近安値1028円を底に持ち直しの動き。5日移動平均線と25日移動平均線とのゴールデンクロスが目前に迫っていることもあり、再度の上値トライが期待できそうだ。(参)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
アダストリアが3日続伸、11月既存店売上高は2カ月ぶり前年下回るも想定内
IMVが急速人気化しストップ高カイ気配、EV関連穴株として投資資金の攻勢加速
博報堂DYが3日続伸、21年3月期最終利益予想を上方修正◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »