株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京為替:1ユーロ126円10銭近辺、日経平均は反落、英はEUとの交渉が難航 12月04日12時00分

午前の東京外為市場でユーロ・円は1ユーロ=126円10銭近辺で推移。英国はFTA交渉中のEUがあらたな要求を持ち出したと非難したとブルームバーグが報じている。なお、EU側は否定する発言を行っている。英当局者の一人はEUがフランス外交官のコメントを受けて姿勢を硬化させたとしている。

一方、東京株式市場は日経平均が118円安で午前の取引を終了した。菅首相が追加経済対策の会見を本日の18時より行うとの報道で一時は下げ幅を縮小する場面があったが、ファイザーが年内のワクチン出荷量が半減との報道が嫌気されているようだ。



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »