株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は続落、売り一巡後は買い戻しも、フリーなどは堅調 12月04日16時33分

本日のマザーズ市場では、週末を前に利益確定の売りが続いた。東証1部市場では東エレク<8035>やエムスリー<2413>といった主力グロース(成長)株の下げが目立ち、新興株にとってもこうした流れが逆風になったとみられる。一方、売り一巡後は買い戻しの動きもあったようで、マザーズ指数は後場に入ると下げ渋った。日足チャート上で1200pt台に位置する25日移動平均線や75日移動平均線を下値支持線として意識する向きもあったようだ。なお、マザーズ指数は続落、売買代金は概算で1843.82億円。騰落数は、値上がり99銘柄、値下がり219銘柄、変わらず14銘柄となった。
個別では、時価総額上位のメルカリ<4385>、ラクス<3923>、JMDC<4483>や、売買代金上位のJTOWER<4485>、Jストリーム<4308>、マクアケ<4479>などが軟調。
今週に入って戻り歩調だったニューラル<4056>だが、本日は一転売りに押され10%超の下落。また、バリュエンス<9270>はストップ安水準で取引を終えた。一方、時価総額上位ではフリー<4478>、売買代金上位ではBASE<4477>などが上昇し、エヌ・ピー・シー<6255>やAIinside<4488>も小幅ながらプラスを確保した。また、環境車関連物色の流れから大泉製<6618>が上昇率トップとなった。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »