株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

エイベックス反発、3D・インベストメント・パートナーズが大株主に浮上 12月04日09時53分

 エイベックス<7860.T>が反発している。3日の取引終了後、資産運用会社の3D・インベストメント・パートナーズが関東財務局に大量保有報告書を提出。報告書によると、3D・インベストメント・パートナーズの同社株式保有比率は5.59%となり、新たに5%を超えたことが判明した。保有目的は「純投資および状況に応じて経営陣への助言、重要提案行為などを行うこと」としており、思惑的な買いが入っているようだ。なお、報告義務発生日は11月26日となっている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
テラが急反騰、第4四半期に受取保険金を営業外収益として計上へ
大真空に買い人気集中、5Gインフラ加速で高性能水晶デバイスに着目
Bガレージが続落、21年4月期業績予想を上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »