株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東芝が反発、キオクシアがファーウェイへの輸出許可取得と報じられる 12月04日10時14分

 東芝<6502.T>が反発している。この日午前1時過ぎの日本経済新聞電子版で、関係会社のキオクシアについて、「中国の華為技術(ファーウェイ)に対する半導体の輸出許可を一部の製品で取得したことが分かった」と報じられており、これが好材料視されている。

 キオクシアはファーウェイ向け製品の出荷停止を主な理由の一つとして、10月に予定していた上場を延期した経緯があり、今回の輸出許可取得により再び上場思惑が強まるとの見方から買われているようだ。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
三桜工が急動意、EV関連株人気を背景にポストリチウム電池に期待
◎午前10時現在の値上がり値下がり銘柄数
<注目銘柄>=日電硝、自動車関連需要が回復基調


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »