株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

GMO-FHは3日ぶり反発、11月の株式売買代金は1兆216億円に拡大 12月04日10時55分

 GMOフィナンシャルホールディングス<7177.T>は3日ぶりに反発している。3日の取引終了後に発表した11月の月次開示情報速報で、子会社のGMOクリック証券の株式売買代金が前月比6.1%増の1兆216億円となったほか、同じく子会社のGMOコインの暗号資産売買代金が同3.1倍の1兆5887億円に拡大しているが好感されている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
4日中国・上海総合指数=寄り付き3436.7291(-5.4068)
幸楽苑HDが反落、11月既存店売上高が2カ月ぶりに前年を下回る
4日香港・ハンセン指数=寄り付き26811.59(+83.09)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »