株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

コーセルの上期業績は計画上振れで着地 12月04日17時40分

 コーセル<6905.T>がこの日の取引終了後、集計中の第2四半期累計(5月21日~11月20日)連結業績について、売上高が132億円から134億8500万円(前年同期比15.0%増)へ、営業利益が10億6000万円から17億3400万円(同2.3倍)へ、純利益が6億8000万円から12億9400万円(同8.1倍)へ上振れて着地したようだと発表した。

 前年第4四半期から新型コロナウイルス感染症の拡大を見越した先行発注による受注残を消化する形で生産活動を行ったことで、売上高が計画を上回った。また、人件費や経費節減活動に加え、新型コロナウイルス感染症の影響により各種活動が制限され、経費支出の先送りがあったこともプラスに働いた。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
アイオデータが40万株を上限とする自社株買いを発表
<個人投資家の予想> 12月04日 17時
4日香港・ハンセン指数=終値26835.92(+107.42)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »