株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

豪ドル週間見通し:底堅い展開か、追加緩和観測はさらに後退 12月05日14時18分

■強含み、前向きな景気認識などで買い優勢

今週の豪ドル・円は強含み。豪準備銀行(中央銀行)は政策金利を0.10%に据え置き、これまでより踏み込んだ追加緩和を示唆しなかった。また、7-9月期国内総生産(GDP)は前期比でプラス成長に転じ、ロウ総裁がやや前向きな景気認識を示したことが好感され、豪ドル買いが優勢になった。取引レンジ:76円58銭-77円57銭。

■底堅い展開か、追加緩和観測はさらに後退

来週の豪ドル・円は底堅い展開か。豪準備銀行(中央銀行)は現行の金融政策を当面維持する姿勢を示しており、外部環境が大きく変わらない場合、追加緩和の可能性は一段と低下するとみられる。経済関連のイベントではロウ総裁の講演が引き続き注目される。また、英国で新型コロナウイルスワクチンの接種が始まり、米国でも開始時期が確定するとみられ、リスク選好的な豪ドル買い・円売りに振れやすい状況に。

○発表予定の豪主要経済指標・注目イベント
・7日:ロウ豪準備銀行総裁オンライン講演
予想レンジ:76円50銭-78円50銭




<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »