株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は大幅に3日続落、75日線を大きく割り込む展開に 12月07日16時19分

 本日のマザーズ指数は大幅に3営業日続落となった。朝方は個別材料株や一部のテーマに関連する銘柄などに物色も見られたものの、それらの銘柄も徐々に弱含み、マザーズ指数はじりじりと下げ幅を拡大。後場中頃にやや戻りを見せる場面もあったが、結局は大引けにかけて再び弱含んだ。これまでマザーズ指数は75日線をサポートとした推移となっていたが、本日の下落によって同線を大きく割り込む展開となっている。なお、マザーズ指数は大幅に3営業日続落、売買代金は概算で1552.07億円。騰落数は、値上がり39銘柄、値下がり287銘柄、変わらず5銘柄となった。
 個別では、再生可能エネルギー関連の一角として直近で関心を集めていたが、本日は一転してストップ安まで売られたエヌ・ピー・シー<6255>がマザーズ売買代金トップにランクイン。また、KIYOラーニング<7353>や日本情報クリエイト<4054>など直近IPO銘柄の一角も大幅安となった。その他、BASE<4477>、フリー<4478>、メルカリ<4385>、マクアケ<4479>などマザーズの主力処の下げも目立ち、売買代金上位は全面安商状。一方、AI関連として個人投資家の関心が向かったALBERT<3906>が小幅高となった他、出来高は少なかったもののジェイック<7073>が14%高と上昇。ホットリンク<3680>、バンクオブイノベ<4393>、テックポイント<6697>なども買われた。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »