株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ヘリオスが大幅反発、国内大手証券が目標株価を3200円へ引き上げ 12月08日14時11分

 ヘリオス<4593.T>が大幅反発している。SMBC日興証券が7日付で、投資評価「1」を継続し、目標株価を3000円から3200円へ引き上げたことが好材料視されているようだ。

 同証券によると、今後6カ月でカタリストが豊富であり、現在進行中の臨床試験の成功確率は高いと考えていると指摘。特にマルチステムの急性呼吸窮迫症候群(ARDS)のフェーズ2試験は、試験結果開示が3カ月以内に近づいたことから、成功確率を60%から100%へ上方修正したという。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」5位にタメニー
タスキは後場上げ幅拡大、「タスキFunds」第1号が申込開始約3分で募集金額達成
マーチャントが3日続伸、医療分野への投資を強化


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »