株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

アルトナー売り先行、第3四半期営業益4%減で通期計画進捗率69% 12月09日09時24分

 技術者派遣などを手掛けるアルトナー<2163.T>に売りが先行している。同社は8日取引終了後に、21年1月期第3四半期累計(2~10月)の単独決算を発表。営業利益は前年同期比4.1%減の6億7000万円となり、通期計画9億7500万円に対する進捗率は68.7%にとどまった。

 売上高は同4.3%増の53億9500万円で着地した。技術者の稼働人員が増加したことや技術者単価が前年同期と同水準で推移したことで増収を確保できた一方、新卒技術者労務費を吸収することができず減益となった。なお、通期業績予想は従来計画を据え置いている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
MRTが大幅反発、医師につながる「Door.」アプリを提供開始
カルナバイオが20年12月期業績予想を上方修正
トピーが7日続伸、22万株を上限とする自社株をToSTNET-3で取得へ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »