株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

FXcoin、国内初リップルベースの暗号資産取引を開始【フィスコ・アルトコインニュース】 12月10日17時07分

暗号資産(仮想通貨)交換業者のFXcoinは10日、国内の取引所で初めてリップル(XRP)ベース取引の取り扱いを、12月9日より開始したと発表した。

これにより、従来のビットコイン(BTC)/日本円(JPY)、リップル(XRP)/日本円(JPY)、ライトコイン(LTC)/日本円(JPY)、ビットコインキャッシュ(BCH)/日本円(JPY)(同日開始)に加え、ビットコイン(BTC)/リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)/リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)/リップル(XRP)の7種類の通貨ペアによる取引が可能になったとしている。

同社は、「暗号資産間の取引はビットコインベースでプライシングするのが一般的だが、決済時間が速く、手数料が圧倒的に安いリップルを利用し、ビットコインベースではなく、リップルベースで決済するほうが便利で合理的であり、今後XRPベース取引が拡大していくものと考えている」とコメントしている。

同社では、暗号資産の実需取引の拡大を重要視しており、その中で、決済面で優れているXRPの可能性に注目してきた。今年11月30日には、11月27日に住友商事<8053>との間で、住友商事グループ会社間の債権債務を、リップルを用いて決済する実証実験を実施したと発表している。また、同社におけるリップルの現物取引高も8月から11月にかけて11倍と急拡大してきているという。

今回のリップルベース取引開始により、同社は「暗号資産間の取引をよりスムーズに低コストで行うことが可能となり、顧客へのサービス向上にもつながる」との考えを示している。



<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »