株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

株価指数先物 【週間展望】 ―SQ値を挟んだ2万6500円から2万7000円のレンジ推移、年内2万7000円タッチ残す 12月13日17時00分


「SQ値を挟んだ2万6500円から2万7000円のレンジ推移、年内2万7000円タッチ残す」

 今週の日経225先物は、基本的に12月SQ値(2万6713.47円)を挟んだ2万6500円から2万7000円レベルでのレンジ推移が見込まれる。11日の米国市場では、新型コロナウイルスの感染拡大を受けてニューヨーク市が市内の店内飲食を14日から禁止すると発表したことが嫌気された。一方で、米食品医薬品局(FDA)が米ファイザーと独ビオンテックが共同開発した新型コロナワクチンの緊急使用許可を承認したと発表。また、米上院は期限切れとなる連邦政府予算を巡って1週間延長する法案を可決。政府機関の閉鎖が回避されたことで下げ渋り、NYダウは上昇に転じている。

 FDAの結果を受けてトランプ大統領は新型コロナワクチンは24時間以内に接種されるだろうとツイッターに投稿。また、米政府のワクチン供給計画の責任者は、今週にも全米50州や首都ワシントンなどにワクチンが順次到着するとしている。計画通りにワクチンが全米に行き渡るようであれば、制限措置強化への懸念が和らぐ可能性が出てきそうだ。米国の状況次第では新規感染者数が最多を更新している国内においても、先行きの期待感につながる可能性がある。当面、市場の関心はコロナワクチンとともに米国の追加経済対策の行方に集中することになるだろう。

 11日の米国市場では、エネルギーセクターがアウトパフォームする一方で、資本財・サービス、素材セクターがアンダーパフォームしていた。経済対策協議の難航が嫌気されてNY原油先物相場は下落していたが、ワクチン供給を受けて景気敏感株へのリバランスがみられたようである。そのほか、足元で情報技術セクターへの買い越し幅が目立っているが、一方でフェイスブックなど大手テクノロジー銘柄で売り越しが目立ってきている。

 民主党のバイデン氏が次期大統領となることがほぼ確実視されるなか、大手テクノロジー銘柄に対する規制が強化されるとの見方が高まっているようであり、これがテクノロジーからバリューへのシフトを促す可能性が指摘されている。

 しかし、21日に予定される米テスラのS&P500種の構成銘柄への採用に伴い、既存の構成銘柄へは売り圧力が強まるため、今後はS&P500指数の上値の重さが意識されてくるだろう。バリューシフトを意識しつつも、過去のフェイスブックの組み入れ時にはS&P500は10%以上下落していたこともあり、こうした状況から方向感を掴みづらくさせる。

 そのため、日経225先物は足元で底堅さが意識されている2万6500円処から下値を仕掛けてくる流れは限られるとみられるものの、上値追いにも慎重になりやすいだろう。先週末の東証1部の売買代金は3兆円を下回っており、メジャーSQ時で商いが膨らみやすい状況の中においても薄商いであった。SQ通過によって海外勢はクリスマス休暇に入るとみられており、年末にかけてはより商いが細る可能性がある。まずは12月SQ値を支持線に変える必要があるが、週の早い段階でSQ値を超えてくるようであれば、年末2万7000円タッチが改めて意識されると考えられる。2万6500円近辺ではその後のリバウンドを想定した押し目狙いのロングポジションとみておきたい。

 また、先週はSQに絡んだロールオーバー中心の売買であり、その他はポジション調整によるリバランスの売買にとどまっていたが、NT倍率は先物中心限月で14.94と15.00を下回っている。テクニカル面では、これまで支持線として機能している25日移動平均線まで低下しており、今週は同水準からの反転、もしくは支持線を割り込んで低下基調が強まるかを見極めるタイミングとなる。

 テスラのS&P500組み入れを控えていったんは反転を想定しておきたいところだが、フェイスブックなど大手テクノロジー銘柄の売りが強まるようだと、この影響を受けてNT倍率は低下しやすい。スプレッド狙いとしてはブレイク方向への順張りとなる。

 そのほか、年内2万7000円タッチが想定されるものの、オーバーシュートがあっても2万7200円辺りがコンセンサスとなっている。そのため、1月限のオプション2万7250円プット、2万7375円プット辺りには年を跨ぐヘッジ対応も絡んだ売買が膨れてくる可能性があるため、短期的にはプット買いも妙味がありそうだ。

 国内では今週から年末にかけてIPOラッシュとなる。IPOが好発進となれば、資金還流が足元で低迷している時価総額上位銘柄のリバウンド狙いを意識させてくる可能性もあり、東証マザーズ指数先物にも短期的には資金が向かいやすい。

 経済イベントでは、14日に日銀短観、10月鉱工業生産確報値、10月第三次産業活動指数、10月設備稼働率。15日に中国の11月小売売上高、11月鉱工業生産、米国では12月ニューヨーク連銀製造業景気指数、11月鉱工業生産/設備稼働率。16日に11月貿易統計、ドイツの12月製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値、12月サービス部門PMI速報値、米国の11月小売売上高、12月製造業PMI速報値、12月サービス部門PMI速報値、FOMC政策金利発表、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長定例記者会見。17日に米国の11月住宅着工件数、12月フィラデルフィア連銀製造業景気指数。18日に日銀金融政策決定会合(終了後に政策金利発表)、ドイツの12月IFO企業景況感指数、米国の11月景気先行指標総合指数などが予定されている。

――プレイバック・マーケット――

●SQ値
6月限 日経225 22071.46  TOPIX  1550.43
7月限 日経225 22601.81  TOPIX  1555.00
8月限 日経225 23350.79  TOPIX  1626.38
9月限 日経225 23272.88  TOPIX  1627.21
10月限 日経225 23724.23  TOPIX  1658.41
11月限 日経225 25480.28  TOPIX  1718.75
12月限 日経225 26713.47  TOPIX  1777.95

◆日経225先物(日足)
         始値   高値   安値   清算値  前日比
21/3  12月11日 26630  26760  26480  26520  -110
20/12 12月10日 26840  26920  26510  26710  -150
20/12 12月9日  26460  26860  26350  26860  +370
20/12 12月8日  26550  26552  26313  26490  -80
20/12 12月7日  26750  26950  26500  26570  -210

◇TOPIX先物(日足)
         始値   高値   安値   清算値  前日比
21/3  12月11日 1769.0  1782.0  1765.5  1774.0  +5.0
20/12 12月10日 1782.0  1788.0  1764.0  1769.0  -15.5
20/12 12月9日  1756.5  1784.5  1751.0  1784.5  +26.0
20/12 12月8日  1764.5  1764.5  1749.0  1758.5  -6.0
20/12 12月7日  1773.0  1788.0  1758.5  1764.5  -9.5

●シカゴ日経平均 円建て
          清算値  前日比
12月11日(3月限) 26565   +45
12月10日(3月限) 26685   +55
12月9日(12月限) 26690   -170
12月8日(12月限) 26570   +80
12月7日(12月限) 26435   -135
※前日比は大阪取引所終値比

□裁定取引に係る現物ポジション裁定残(金額)
      売り     前週末比   買い   前週末比
12月4日  1兆6893億円  +746億円  4808億円 -828億円
11月27日  1兆6146億円  -159億円  5636億円 +562億円
11月20日  1兆6303億円 -1283億円  5074億円 -200億円
11月13日  1兆7589億円 -2790億円  5274億円 +1170億円
11月6日  2兆0380億円 +1464億円  4104億円 +337億円
10月30日  1兆8916億円  +80億円  3767億円 -578億円
10月23日  1兆8836億円  -317億円  4345億円  -37億円
10月16日  1兆9153億円  -947億円  4383億円 -204億円
10月9日  2兆0100億円 +1308億円  4588億円  +82億円
10月2日  1兆8791億円  +746億円  4506億円  +69億円
9月25日  1兆8044億円  +486億円  4436億円 +359億円
9月18日  1兆7558億円  +117億円  4076億円 +411億円
9月11日  1兆7441億円  +474億円  3665億円 -1864億円
9月4日   1兆6966億円  +860億円  5530億円 +419億円
8月28日  1兆6106億円  -411億円  5110億円 -105億円
8月21日  1兆6517億円  -184億円  5216億円 +184億円
8月14日  1兆6702億円 -1078億円  5031億円 +1271億円
8月7日   1兆7780億円 +1386億円  3759億円 +153億円
7月31日  1兆6393億円 -1332億円  3605億円  -93億円
7月22日  1兆7726億円  +319億円  3699億円  +15億円
7月17日  1兆7407億円  -825億円  3684億円 +500億円
7月10日  1兆8232億円  -214億円  3183億円 -665億円
7月3日   1兆8447億円  +241億円  3849億円  +60億円
6月26日  1兆8206億円  -672億円  3788億円 +147億円
6月19日  1兆8878億円  -480億円  3640億円 +786億円
6月12日  1兆9358億円 -3999億円  2853億円 -1746億円
6月5日   2兆3357億円  -896億円  4600億円 -384億円
5月29日  2兆4254億円 -1453億円  4984億円 +317億円
5月22日  2兆5707億円  +732億円  4666億円 +156億円
5月15日  2兆4974億円 +1437億円  4509億円 -681億円
5月8日   2兆3537億円  +687億円  5191億円 +195億円
5月1日   2兆2850億円 -1275億円  4995億円 +223億円

□裁定取引に係る現物ポジション(株数)
      売り      前日比    買い       前日比
12月9日  5億8605万株   -2689万株  1億9720万株   +728万株
12月8日  6億1294万株   +4528万株  1億8992万株   +2038万株
12月7日  5億6766万株   -2622万株  1億6954万株   -2905万株
12月4日  5億9388万株   +1407万株  1億9859万株   -1789万株
12月3日  5億7980万株    +72万株  2億1648万株   -966万株
12月2日  5億7907万株    -63万株  2億2615万株   -384万株
12月1日  5億7971万株   -353万株  2億2999万株   -1071万株
11月30日  5億8325万株   +3795万株  2億4071万株   +712万株
11月27日  5億4529万株   +1489万株  2億3358万株   +1320万株
11月26日  5億3039万株   -201万株  2億2038万株   +1509万株
11月25日  5億3241万株   -696万株  2億0528万株   +131万株
11月24日  5億3937万株   -3166万株  2億0397万株   -1328万株
11月20日  5億7103万株   +599万株  2億1726万株   -564万株
11月19日  5億6503万株   -2761万株  2億2290万株   +652万株
11月18日  5億9265万株   -1052万株  2億1638万株   +163万株
11月17日  6億0318万株   -2214万株  2億1475万株   -1483万株
11月16日  6億2532万株   -539万株  2億2959万株   +892万株
11月13日  6億3071万株   -6978万株  2億2066万株   +1743万株
11月12日  7億0050万株   -1976万株  2億0323万株   -147万株
11月11日  7億2026万株   -553万株  2億0470万株   +1187万株
11月10日  7億2579万株   -801万株  1億9283万株   +1077万株
11月9日  7億3380万株   -1051万株  1億8205万株   +601万株
11月6日  7億4431万株   +508万株  1億7604万株   +137万株
11月5日  7億3923万株   -106万株  1億7466万株   +141万株
11月4日  7億4029万株   +1595万株  1億7324万株   +201万株
11月2日  7億2434万株   -709万株  1億7123万株   +209万株
10月30日  7億3144万株   +305万株  1億6914万株    -94万株
10月29日  7億2838万株   +198万株  1億7008万株   +185万株
10月28日  7億2640万株   +975万株  1億6823万株   -544万株
10月27日  7億1664万株   +452万株  1億7368万株   -833万株
10月26日  7億1212万株   +1144万株  1億8201万株    -57万株
10月23日  7億0067万株   +563万株  1億8259万株   -364万株
10月22日  6億9504万株   -1177万株  1億8623万株   -245万株
10月21日  7億0681万株   -1564万株  1億8869万株   +142万株
10月20日  7億2246万株   +876万株  1億8726万株    -98万株
10月19日  7億1369万株   -233万株  1億8824万株   +248万株

■日本銀行による指数連動型上場投資信託(ETF)買い入れ推移(通常ETF分)
6月11日 1001億円
6月12日 1001億円
6月18日 1001億円
6月19日 1001億円
6月25日 1001億円
6月29日 1001億円
7月9日  1002億円
7月10日 1002億円
7月20日 1002億円
7月27日 1002億円
7月29日 1002億円
7月31日 1002億円
8月5日  1003億円
8月18日  803億円
9月4日  801億円
9月9日  801億円
9月15日  801億円
9月17日  801億円
9月23日  801億円
9月24日  801億円
9月29日  801億円
10月14日 701億円
10月16日 701億円
10月22日 701億円
10月28日 701億円
10月29日 701億円
10月30日 701億円
11月13日 701億円
11月18日 701億円

株探ニュース

【関連ニュース】
日経平均の上げ幅が200円突破
ETF売買動向=14日寄り付き、日経レバの売買代金は149億円と低調
日経平均の上げ幅が100円突破


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

カテゴリ 「みんかぶニュース その他」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »