株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は小幅続伸、直近IPO銘柄やテーマ株などに物色 12月14日16時09分

 本日のマザーズ指数は小幅続伸となった。日経平均同様に買いが先行して始まったものの、マザーズ指数は寄り付き後即座にマイナス転換。ただし、1176.83ptを安値に下げ渋り、終日前週末終値を挟んでのもみ合いで、方向感に欠ける1日となった。なお、マザーズ指数は小幅続伸、売買代金は概算で1273.81億円。騰落数は、値上がり191銘柄、値下がり123銘柄、変わらず16銘柄となった。
 個別では、BASE<4477>がマザーズ売買代金トップにランクイン。第三者割当で新株予約権6500個(潜在株式数65万株)を発行すると発表し、希薄化懸念が先行したバルテス<4442>の他、マクアケ<4479>、ケアネット<2150>なども売られた。一方、20年12月期の営業利益を0.92億円から1.26億円に上方修正したrakumo<4060>を筆頭にアララ<
4015>、ニューラルポケット<4056>、松屋R&D<7317>、プレミアアンチエイジング<4934>など直近IPO銘柄の一角に資金が向かった。また、第1四半期の営業利益が1.15億円で着地したカラダノート<4014>もストップ高まで買われた。引き続きエヌ・ピー・シー<
6255>などの再生可能エネルギー関連、EV関連と位置付けられている大泉製作所<6618>、個人投資家の人気も高いメディカルネット<3645>なども大幅高に。その他、AIinside<4488>、HENNGE<4475>、フリー<4478>、ホープ<6195>などが買われた。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »