株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ADR日本株ランキング~高安まちまち、シカゴは大阪比35円安の26655円 12月15日07時53分

ADR(米国預託証券)の日本株は、トヨタ<7203>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、デンソー<6902>、オムロン<6645>、TDK<6762>がしっかり。半面、ソニー<6758>、三井住友<8316>、富士通<6702>、エーザイ<4523>、日東電<6988>、ANA<9202>が小安いなど、対東証比較(1ドル104円換算)で高安まちまち。シカゴ日経225先物清算値は大阪比35円安の26655円。

米国株式相場はまちまち。ダウ平均は184.82ドル安の29861.55ドル、ナスダックは62.17ポイント高の12440.04ポイントで取引を終了した。国内で新型コロナウイルスワクチン接種が開始したほか、追加経済対策がいずれ成立するとの根強い期待に寄り付き後大きく上昇した。しかし、ロンドン市が最も厳格な封鎖を発表したことに続き、ニューヨーク市長が全面的なロックダウンの可能性を警告すると下落に転じた。

14日のニューヨーク外為市場でドル・円は、103円51銭まで下落後、104円10銭まで反発し、104円銭05銭で引けた。欧州通貨高に対するドル売りに下落後、米国で新型コロナウイルスのワクチン接種が開始されたことや、追加経済対策成立への期待でドル買い・円売りに繋がった。その後、NY市が再び都市封鎖(ロックダウン)を行う可能性があることから、ドルは上げ渋った。ユーロ・ドルは1.2177ドルまで上昇後、1.2123ドルまで反落し、1.2144ドルで引けた。英国と欧州連合(EU)の通商交渉合意への期待が広がったが、ドイツはウイルス感染急増に対処するため、都市封鎖を強化する計画があることから、ユーロ売りが再燃。

NY原油先物1月限は反発(NYMEX原油1月限終値:46.99 ↑0.42)。


■ADR上昇率上位銘柄(14日)
<6770> アルプス 24.95ドル 1297円 (20円) +1.57%
<9202> ANA 4.82ドル 2504円 (34.5円) +1.4%
<1928> 積水ハウス 19.1ドル 1986円 (15円) +0.76%
<6902> デンソー 27.8ドル 5782円 (36円) +0.63%
<7974> 任天堂 75.25ドル 62608円 (378円) +0.61%


■ADR下落率上位銘柄(14日)
<1801> 大成建 8.74ドル 3636円 (-124円) -3.3%
<7752> リコー 6.93ドル 721円 (-20円) -2.7%
<6753> シャープ 3.31ドル 1377円 (-35円) -2.48%
<6361> 荏原 16.07ドル 3343円 (-82円) -2.39%
<7202> いすゞ 9.87ドル 1026円 (-25円) -2.38%


■その他ADR銘柄(14日)
<1801> 大成建 8.74ドル 3636円 (-124円)
<1925> 大和ハウス 30.82ドル 3205円 (-7円)
<1928> 積水ハウス 19.1ドル 1986円 (15円)
<2503> キリン 22.82ドル 2373円 (11円)
<3402> 東レ 11.9ドル 619円 (-4.3円)
<3407> 旭化成 19.78ドル 1029円 (-2.5円)
<3938> LINE 51.57ドル 5363円 (3円)
<4523> エーザイ 73.34ドル 7627円 (-23円)
<4704> トレンド 55.3ドル 5751円 (1円)
<4901> 富士フイルム 54.43ドル 5661円 (-5円)
<4911> 資生堂 71.05ドル 7389円 (9円)
<5108> ブリヂストン 17.56ドル 3652円 (-9円)
<5201> AGC 6.64ドル 3453円 (-22円)
<6301> コマツ 26.7ドル 2777円 (2円)
<6503> 三菱電 29.28ドル 1523円 (-8.5円)
<6586> マキタ 52.4ドル 5450円 (0円)
<6645> オムロン 86.77ドル 9024円 (24円)
<6702> 富士通 26.44ドル 13749円 (-71円)
<6723> ルネサス 4.99ドル 1038円 (-5円)
<6758> ソニー 93.37ドル 9710円 (-73円)
<6762> TDK 134.73ドル 14012円 (12円)
<6902> デンソー 27.8ドル 5782円 (36円)
<6954> ファナック 24.86ドル 25854円 (-1円)
<6988> 日東電 42.06ドル 8750円 (-30円)
<7201> 日産自 10.72ドル 557円 (-2.3円)
<7202> いすゞ 9.87ドル 1026円 (-25円)
<7203> トヨタ 153.58ドル 7986円 (34円)
<7267> ホンダ 29.24ドル 3041円 (3円)
<7270> SUBARU 10.4ドル 2162円 (-24円)
<7733> オリンパス 20.78ドル 2161円 (10円)
<7741> HOYA 126.61ドル 13167円 (12円)
<7751> キヤノン 19.85ドル 2064円 (-11.5円)
<7974> 任天堂 75.25ドル 62608円 (378円)
<8001> 伊藤忠 56.36ドル 2931円 (-4円)
<8002> 丸紅 65.61ドル 682円 (-0.7円)
<8031> 三井物 370.22ドル 1925円 (2.5円)
<8053> 住友商 12.92ドル 1344円 (4円)
<8306> 三菱UFJ 4.32ドル 449円 (-1.1円)
<8309> 三井トラスト 3.06ドル 3185円 (-15円)
<8316> 三井住友 5.98ドル 3110円 (-41円)
<8411> みずほFG 2.58ドル 1342円 (5円)
<8591> オリックス 77ドル 1602円 (3.5円)
<8604> 野村HD 5.23ドル 544円 (-0.4円)
<8766> 東京海上HD 51.08ドル 5312円 (-19円)
<8802> 菱地所 16.68ドル 1735円 (-9円)
<9202> ANA 4.82ドル 2504円 (34.5円)
<9432> NTT 25.52ドル 2654円 (-13円)
<9735> セコム 23.54ドル 9793円 (-27円)
<9983> ファーストリテイ 81.17ドル 84417円 (117円)
<9984> ソフトバンクG 38.9ドル 8091円 (3円)

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »