株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

オリックス、足場・仮設機材レンタル大手の杉孝グループホールディングスの株式取得、子会社化 12月15日09時05分

オリックス株式会社<8591>は、株式会社杉孝グループホールディングス(神奈川県横浜市、杉孝GHD)の発行済み株式の過半数を取得することに合意した。

オリックスは、リース事業からスタートして隣接分野に進出し、新たな専門性を獲得することにより事業を進化させてきた、現在、法人金融、産業/ICT機器、環境エネルギー、自動車関連、不動産関連、事業投資・コンセッション、銀行、生命保険など多角的に事業を展開している。

杉孝GHDは、持株会社、グループ会社の経営管理およびこれに付帯する業務を行っている。1953年に「杉孝商店」として創業し、仮設機材レンタル会社である「杉孝」、「杉孝ベトナム」、「杉孝マレーシア」などを擁し、幅広くサービスを提供している。

本件M&Aにより、オリックスは、建設・物流関連機器レンタル業界における連携を進め、今後も出資先のさらなる拡大を含めた事業のスケールアップを図る。
また、今後も安定した事業基盤を持ち、差別化された質の高い商品・サービスの提供により更なる成長・発展が期待できる産業・企業に対して、オリックスグループが培ってきた専門性やネットワークを生かした成長支援投資に期待する。



<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »