株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は小幅反落、国内外のコロナ拡大で売り優勢 12月15日15時53分

日経平均は小幅反落。14日の米国市場でNYダウは反落し、184ドル安となった。新型コロナウイルス感染拡大に伴いニューヨーク市のデブラシオ市長がロックダウン(都市封鎖)実施の可能性を示唆し、投資家心理が悪化した。国内でも政府が観光需要喚起策「Go Toトラベル」を一定期間停止すると発表し、本日の日経平均はこれらを嫌気して49円安からスタート。下値では押し目買いも入ったが、米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に上値を追う動きは限られ、後場には一時26605.54円(前日比126.90円安)まで下落した。

大引けの日経平均は前日比44.60円安の26687.84円となった。東証1部の売買高は11億1825万株、売買代金は2兆2219億円だった。業種別では、空運業、保険業、鉄鋼が下落率上位だった。一方、パルプ・紙、ガラス・土石製品、非鉄金属など5業種が上昇した。東証1部の値下がり銘柄は全体の54%、対して値上がり銘柄は41%となった。

個別では、公募株の受渡期日を迎えたANA<9202>、今期業績予想の増益率鈍化が嫌気された神戸物産<3038>が揃って8%近い下落。SUMCO<3436>とOLC<4661>も3%前後の下落と軟調ぶりが目立った。その他ではソフトバンクG<9984>、任天堂<7974>、トヨタ自<7203>、ソニー<6758>などがさえない。また、Link−U<4446>やジェイ・エス・ビー<3480>は決算を受けて売りがかさみ、東証1部下落率上位に顔を出した。一方、エムスリー<2413>が2%を超える上昇となり、ファナック<6954>も堅調で日経平均の下支え役となった。ファーストリテ<9983>は小幅に上昇。川崎重<7012>は水素関連のテーマ物色が続き5%超上昇した。決算が好感されたHamee<3134>やMSOL<7033>、自社株買い実施を発表した日本ハウスHD<1873>は急伸。また、日本金属<5491>やブラス<2424>はストップ高水準で取引を終えた。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »