株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

個別銘柄戦略:清水建やキリンなどに注目 12月17日09時09分

16日の米国市場では、NYダウが44.77ドル安の30154.54、ナスダック総合指数が63.13pt高の12658.19、シカゴ日経225先物が大阪日中比85円高の26755。17日早朝の為替は1ドル=103.40-50円(昨日大引け時は103.49円付近)。本日の東京市場では、昨日買いを集めたトヨタ<7203>やデンソー<6902>といった自動車関連株の値上がりが予想され、エムスリー<2413>、リクルートHD<6098>など昨日売られた銘柄には押し目買いが入ろう。遅延して開示した9月中間決算で連結営業利益が上振れした三菱マテリアル<5711>のほか、21年3月期の業績予想を上方修正したアルプス物流<9055>なども買われそうだ。マザーズなど新興市場では本日5社が新規公開(IPO)する予定。資金の分散が懸念されるが、5銘柄とも初物人気となれば、既上場株の刺激材料となろう。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げなどが観測された清水建<1803>、鹿島<1812>、カカクコム<2371>、キリン<2503>、ツルハHD<3391>、SUMCO<3436>、ネクソン<3659>、信越化<4063>、日立<6501>、富士電機<6504>、ルネサス<6723>、パナソニック<6752>、ローム<6963>、浜松ホトニクス<6965>、かんぽ生命保険<7181>、トヨタ<7203>、マツダ<7261>、スズキ<7269>、良品計画<7453>、河合楽器<7952>、任天堂<7974>、伊藤忠<
8001>、しまむら<8227>、あおぞら銀<8304>、SBI<8473>、オリックス<8591>などに注目。

<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »