株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part2 トヨタ、パナソニック、東亜石油など 12月17日07時32分

銘柄名<コード>16日終値⇒前日比
マネジメントソリューションズ<7033> 1704 +29
今期の収益急拡大見通し好感で15日に大幅高。

日本ハウスホールディングス<1873> 269 -17
大規模な自社株買いの実施を発表で15日に大幅高。

キャリアリンク<6070> 1930 -116
特に悪材料も見当たらず換金売り優勢の展開に。

ツルハホールディングス<3391> 15270 -780
通期業績上方修正も期待水準に達せず。

オーバル<7727> 313 -19
水素関連として直近で急伸の反動安続く。

ジャパンインベストメントアドバイザー<7172> 1401 -62
来12月期の業績懸念も強まる形か。

神戸物産<3038> 3080 -125
今期の増益率鈍化見通しを引き続きマイナス視。

トヨタ<7203> 7980 +75
クレディ・スイス証券では目標株価を引き上げ。

パナソニック<6752> 1190 +29
野村證券では投資判断を格上げ。

オリックス<8591> 1600.5 +35.5
ゴールドマン・サックス証券では投資判断を格上げ。

東亜石油<5008> 2397+400
出光興産によるTOB価格にサヤ寄せの動き。

土屋HD<1840> 184 +50
今期の黒字転換や増配見通しを好感。

クロスプラス<3320> 1400 +295
引き続き大幅な上方修正や増配がインパクトに。

Abalance<3856> 2752 +500
再生エネ関連としてリバウンドの動きに。

共和コーポレーション<6570> 454 +80
鬼滅の刃関連として関心が向かう格好に。

STIフードHD<2932> 4560 +300
今期の実質増配を発表。

中国工業<5974> 1077 -300
水素関連株として急騰してきた反動。

リード<6982> 936 -160
15日に大幅高で戻り売り優勢。

松尾電機<6969> 556 -97
リバウンド一巡感で短期資金の手仕舞い売り優勢。

天昇電気工業<6776> 680 -84
15日の大陰線で天井到達感も。

ライトアップ<6580> 3405+500
チェンジ、クレディセゾンと資本業務提携を材料視。

銚子丸<3075> 1077 +7
上期営業利益は前年同期比41.4%増で計画上振れ、通期計画も超過。

リーガル不動産<3497> 1015 +81
第1四半期の経常利益は前年同期の約12倍となる0.71億円に。

アディッシュ<7093> 2271 +400
子会社がフィンランドのMaaS Global社が提供するMaaSアプリ
「Whim(ウィム)」の日本でのカスタマーケアを担当すると発表。

ジェネレーションパス<3195> 640 -118
前期は好決算ながら計画下振れ、今期見通し非開示も嫌気。

モダリス<4883> 1859-500
下方修正で失望、営業損益は従来の「3.50億円以上」の黒字から4.20億円の赤字に。

サンバイオ<4592> 1388 -400
今期中の国内製造販売承認申請を目指していた「SB623」
慢性期外傷性脳損傷プログラムについて、遅延する公算が大きいとの発表を嫌気。

デイトナ<7228> 2072 +99
20年12月期の期末配当を24.00円から44.00円に増額修正。

Fast Fitness Japan<7092> 3440 -
16日マザーズ市場へ新規上場、公開価格を33.3%上回る3000円で初値形成。

バルミューダ<6612> 3850 -
16日マザーズ市場へ新規上場、公開価格を63.2%上回る3150円で初値形成。








<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »