株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は3日ぶり反発、主力ハイテク株に買い、IPO3社初値付かず 12月17日17時13分

本日のマザーズ市場では、グロース(成長)株に投資資金が向かうなかで堅調な展開となった。前日まで開催された連邦公開市場委員会(FOMC)の結果などから金融緩和が長期化するとの観測が強まったことや、国内外で新型コロナウイルス感染拡大が続いていることを受け、東証1部では任天堂<7974>などのグロース株が大きく上昇。マザーズ市場にもこうした動きが波及し、主力ハイテク株を中心に買いが入った。なお、マザーズ指数は3日ぶり反発、売買代金は概算で1752.94億円。騰落数は、値上がり162銘柄、値下がり163銘柄、変わらず7銘柄となった。
個別では、メルカリ<4385>、フリー<4478>、ラクス<3923>といった時価総額上位が全般堅調。売買代金上位ではEC(電子商取引)関連のBASE<4477>やマクアケ<4479>、上場2日目のFFJ<7092>などが大幅高となった。また、やはり前日上場のバルミューダ<6612>、それにALiNK<7077>やPアンチエイジ<4934>がストップ高水準で取引を終えた。一方、15日上場のスタメン<4019>のほか、エヌ・ピー・シー<6255>やモダリス<4883>が下落。また、ITbookHD<1447>などが下落率上位に顔を出した。
なお、本日マザーズに新規上場したビートレンド<4020>、プレイド<4165>、かっこ<4166>の3社は買い気配のまま初値が付かなかった。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »